音楽は数学系?アメリカの大学の音楽教育

なぜ音楽学部が総合大学にあるんでしょうね? アメリカで言えば、 コロンビア大学、ニューヨーク大学、マサチューセッツ工科大学、スタンフォード大学、イェール大学などです。 金澤正剛著『中世音楽の精神史』によると リベラルアーツとは、自由七科とも呼ばれ、言語に関わる三科目(文法・修辞学・弁証法)と数学に関わる四科目(算術・幾何・天文・音楽)があり、 音楽は後者に属していており。 音楽は幾何や天文学と同じく数の論理で説明されるもので、古代ギリシャ思想を源流とした、キリスト教的世界の調和を象徴していた・・・・ 中世の大学においてはこの自由七科の要素を引き継いだ教養学が教えられており、音楽の授業では専らこの理論書が使われていた・・・ なるほど。 音楽は数学系なんですね 音楽と数学ってほんと近いと思います。 私は数学好きでした。 計算よりも考える問題 図形とか好きでした。 バイオラ大学のピアノ講師でいらっしゃいます河村まなみ先生のセミナーを受けました。 バイオラ大学の場合 芸術科目(音楽、美術のいずれか)は全学生必須。 音楽一般教養のクラスがある。(音楽史入門、ピアノ・クラス、など) 経験があれば、専門クラスやレッスンも受けられる。 音楽学部生でなくてもオーディションに通れば、合唱団、オーケストラ、吹奏楽団に参加できる。(奨学金がもらえる場合もある) 音楽学部主催の演奏会も見ることができる。 メジャー(専攻)マイナー(副専攻)という学位を取ることもできる 感想→ 例)すごいですね。 一般の学生さんもこんなに音楽を学ぶチャンスがある! それだけに音楽の必要性を感じているんですね。 青梅市・瑞穂

ハーバード大学は「音楽」で人を育てる

前回の記事で、リベラルアーツについて、ご紹介させていただきました。 ハーバード大学は「音楽」で人を育てる──21世紀の教養を創るアメリカのリベラル・アーツ教育 Amazon.co.jpによる 詳細はこちら: https://www.amazon.co.jp/dp/4865591257/ref=cm_sw_em_r_mt_dp_U_N6tgFbQC2D0Z2 なぜアメリカには音楽学部は、音楽大学ではなく、総合大学にあるのか? ハーバード大学の場合 Commitment to liberal arts & sciences is at the core of Harvard College's mission: before students can help change the world, they need to understand it. The liberal arts & sciences offer a broad intellectual foundation for the tools to think critically, reason analytically and write clearly. リベラル・アーツと科学の教育はハーバード大学にとって最も中心的な教育理念であり目標です。 学生達は世界に貢献できるようになる前に、まずはリベラル・アーツと科学の教育を通して広い知識の基礎を学び、比較分析力、判断力、表現力を得るのです。 『ハーバード大学は音楽で人を育てる』によると ハーバード大学の一般教養科目はカテゴリーに大別されている 美学的・解釈的理解 文

リベラルアーツって知っていますか?

リベラルアーツ、日本でちゃんと紹介されたのは、 ハーバード大学は「音楽」で人を育てる──21世紀の教養を創るアメリカのリベラル・アーツ教育 こちらの本でです。 詳細はこちら https://www.amazon.co.jp/dp/4865591257/ref=cm_sw_em_r_mt_dp_U_N6tgFbQC2D0Z2 Amazon.co.jpによる リベラルアーツとは、一般教養といっても 全人格的教育っていってよく・・・ ギリシャ・ローマ時代に生まれた理念で 「人が持つ必要がある実践的な知識・学問」 とされており、 音楽の他に、文法・修辞学・論理学・算術・幾何・天文 合わせて7科のことを言うんですね。 音楽って欧米では価値が高かったんですね。 まず、音楽がバッチリ入っているところがポイントで バランスの取れた人格形成を目指す! 全人格的教育!! なので、総合大学には音楽学部があるそうです。 日本みたいに、音楽は音大ではなく総合大学にあるんですね。 そこには、先人の努力があったみたいです。 「ハーバード大学は音楽で人を育てる」によると アメリカにおいて音楽を専門的に学ぶということは、 ここ100年来の傾向に過ぎなかったそうで、 今は、多くの教科と並行して 音楽が存在する形が主流になっているそうです。 現在ハーバード大学では、 学部生6600名の約半数3000人以上が何らかの芸術活動に携わっていて。 中でも音楽活動は活発でキャンパス内では 年間約450の学生コンサートが行われている とのこと。 意外でしたね。ハーバード大学って頭のいい人ばかりで、 本を読みながら歩いている?

音楽教育は、学業成績に良い影響を及ぼす【その3】

アメリカの研究の続きです。 音楽教育を受けた子供は、どのレベルであれ、全く受けていない子供より 母国語、数学の成績が良い。 (Journal for Research in Music Education, June 2007; Dr. Christopher Johnson, Jenny Memmott) まず、音楽教育を受けると、ぜった〜〜〜い耳が良くなります。 聴音って音を聞き取るトレーニングもありますが、 小さいうちから音楽をなっている子は自然と耳が良くなっちゃいます。 母国語(英語)、日本で言うと国語ですね。 国語の学習は、読み書きと言われ、読みが必須です。 この読みと耳は密接な関係があります。 国語学習には音読が良いってよく言われますが、 音楽やっている子は、 比較的音読嫌がらないのです。 わが子も、国語はあんまり得意ではありませんでした。 なので、音読をよくさせました。 それだけは嫌がらずにやってくれたので 国語の成績もまあまあ・・・ また算数。 音楽って実はとっても算数的なんですよね。 音符の長さなんかはバッチリ数字に置き換えられるし。 音楽やっている子で算数好きな子、結構多いです。 音楽で算数脳鍛えちゃいましょう 私は、算数は中学まで大好きでした。 高校で落ちましたが・・・爆 ここにはないですが、 音楽教育は間違いなく耳が良くなります。 英語習得にだって絶対良いはず!! 英国数に良いとなれば!! 受験でピリピリしている時こそ、音楽、ピアノするって良いかもです。 青梅市・瑞穂町・羽村市 保科ピアノ教室 保科陽子です ホシナ音楽教室では 初めての方大歓迎です! た

特集記事
近日公開予定
今しばらくお待ちください...
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square