クラシックを聴くと10の驚く効果がある〜幸せを感じる


クラシックを聴くと10の驚く効果がある


ということで、クラシックを聴くといいことがいっぱいある!


を紹介させていただいています。


前回は、記憶力が増す・脳の機能が増すについてでしたが、




◆幸せにします

今、良い気分ではなく、そこから抜け出したいですか?クラシック音楽を聴くと、

ドーパミン分泌が増加し、脳の報酬系が活性化されます。

実際、2013年の調査では、音楽は人々をより良い気分にさせるのに役立つことがわかりました。



人が感じている音楽を聞く事の心理的効果(こちらから引用)


https://translate.google.com/translate?depth=1&hl=ja&prev=search&pto=aue&rurl=translate.google.com&sl=en&sp=nmt4&u=http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC3741536/


結果


調査の結果、音楽を聞いている人達が感じている音楽の効果と恩恵については、

大きく分けて3つに分類できる。


第一の音楽の効果・恩恵として人々が感じているのは、自分が一人で音楽を聴く時の恩恵です。

自己への洞察を助ける(たとえば、音楽は自分のことを考えるのに役立ちます)、

感情や感傷的な気持ちを助ける(たとえば、音楽は感情を伝える)、

没頭できる(たとえば、音楽を聞くと外の世界のことを忘れさ瀬てくれる)、

現実逃避できる(例えば、音楽は現実を忘れさせる)、

対処(例えば、音楽を聞くことで目の前の問題をうまく対処できると信じられる)、

慰め(例えば、音楽は私が悲しいときに慰めを与える)、

と意味づけ(例えば、音楽は私の人生に意味があると思わせてくれる)。

このように音楽は、自己認識を助け、人々が自分が誰なのか、どうなりたいか、

そして自分の道を切り開くにはどうしたら良いか、などを考えるのに役立ちます。



2番目の音楽の効果・恩恵として人々が感じているのは、社会的絆と帰属感を

保つのに役立つということでした。

音楽は自分が特定の社会集団に属していることを感じるのに役立ちます。

音楽は友人とのつながりを感じさせ、他の人の考え方を教えてくれます。

人々は音楽を通して友達に親しみを感じ、自分のアイデンティティを見出し

価値観を他人の共有し、自分の社会環境に関する情報を収集することができます。



3番目の音楽の効果・恩恵として人々が感じているのは、バックグラウンド・エンターテインメントとして、

および気分転換を助けてくれるということです。

(たとえば、音楽は素晴らしい娯楽であり、気晴らしになります。)

および心理的に前向きになり、ポジティブになれます

(例えば、音楽は私を元気にすることができます

音楽は私をリラックスさせてくれます

音楽は私をより注意深くします)。


Your brain on music | Alan Harvey | TEDxPerth

こちらの動画でも、音楽はモチベーションに影響することが語られています




12:10より

ぜひ、気分が落ち込んだらクラシックを!



青梅市・瑞穂町・羽村市 保科ピアノ教室 保科陽子です

ホシナ音楽教室では

初めての方大歓迎です!


ただいま若干名生徒さんを

募集しています。

どうぞお気軽にお問い合わせください。

https://yhoshinapiano.wixsite.com/omepiano/blank-3

特集記事
近日公開予定
今しばらくお待ちください...
最新記事