年収、学歴、遺伝に勝る音楽の影響

前回のブログで世界が泣いた映画『ストリートオーケストラ』を紹介させていただきました。

この映画の元となったベネズエラの音楽教育プロジェクト「エル・システマ」を紹介させていただきます。


その前に・・・


ピアノを習うと頭が良くなる・・・に対して

数々の反論を目にすることがあるかもしれません。


それは、親の環境・高収入・高学歴といった優位性です。


環境説・・・

ピアノを習える家庭は、

・親の収入が高い

・環境がよい

・教育費もかけてもらえる

・親が教育熱心

だから、子供の頭が良くなるのでは?


遺伝子説

ピアノを習える家庭は、

・高学歴な親が多い

・遺伝子的な問題

だから、子供の頭が良くなるのでは?


では、反対に、環境に恵まれず、低収入・低学歴といった場合はどうなのか?


まさに、音楽は、

こうした親の3つの優位性にも負けない影響力があったという証明がなされました。





エル・システマジャパン

引用

南米ベネズエラでホセ・アントニオ・アブレウ博士によって始められた社会変革を目指した音楽教育「エル・システマ」。

家庭の経済状況にもかかわらず、すべての子が無償で集団での音楽教育が受けられる仕組みが原点で、子どもたちが、

自ら協調性や、規律を学びながら、目標に積極的に取り組んでいく姿勢を育んでいくことによって、

希望や誇りをもてることを目的としています。

この活動は、世界的に活躍する若手指揮者グスターボ・ドゥダメルなど多くの一流音楽家を輩出しているだけでなく、

子どもたちを犯罪や暴力から守り、学業面も含めてポジティブな影響を与えてきていることで、

ユネスコ、米州開銀等の外部機関からも評価されています。

2016年1月時点で、60以上の国・地域で展開しています。





こちらの方、育脳ピアノ🎹レッスンの教科書の河村まなみ先生に訳をいただきました。

紹介します。


YOLA: Seeing the World Beautifully Through Classical Music

ユース・オーケストラ・ロサンゼルス

私はオーケストラで演奏している時が一番好きです。

自分と仲間が一緒になって素晴らしい音楽を作り出せるからです。

その時には明日の食べ物や今晩の宿題などの心配を忘れて、

自分が弾く一つ一つの音に集中して、それぞれの音を通して物語を紡いでいきます。

違うハーモニーやメロディーが混ざり合うと、自分一人では

日ごろ聞けない新しい音楽が生まれます。

違う楽器が一緒に練習し演奏するという過程は人生そのものではないかと思います。

自分が楽器を弾けるようになるだけでなく、仲間と一緒に演奏したり

新しい友達ができるのは素晴らしいと思います。

私達は、何もない所から来て何もできないと思われているけど、

とても美しいものを創り出しています。

誰でも一生懸命努力して目標に向かって行けば、私達のようにできると思います。

クラシック音楽は、私が知らなかった私を見つけさせてくれた。

また新しい視点をもくれました。

クラシック音楽の世界はとても美しく、それゆえこの世界も美しいと思えます。



このシステムは貧困ラインの子供たちを対象にしており

そういう子は、日本では考えられないですが、

明日の食べ物にも困っている

そんな世帯のお子さんが、クラシック音楽に関わることで

自分の価値に気づき(きっとそれがなかったら自分たちには価値がないと思っていたかも)


『クラシック音楽の世界はとても美しく、それゆえこの世界も美しいと思えます。』

音楽があるからこそ、世界が美しいと思ってもらえるなんて・・・

それほど素晴らしい音楽を教えさせていただけるこの仕事に、誇りを感じています


おうちが高収入・高学歴でなくても・・・


音楽があれば!!

人生は変えられる!


青梅市・瑞穂町・羽村市 保科ピアノ教室 保科陽子です

ホシナ音楽教室では

初めての方大歓迎です!

ただいま若干名生徒さんを

募集しています。

どうぞお気軽にお問い合わせください。

https://yhoshinapiano.wixsite.com/omepiano/blank-3

特集記事
近日公開予定
今しばらくお待ちください...
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square