Please reload

最新記事

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

特集記事

私がどうやって子供の安全地帯になり得たか?

October 9, 2018

青梅市・瑞穂町・羽村町 ピアノ教室 保科陽子です。

 

 

 

あなたのお子さんは、割と感情を表に出す方ですか?

 

もしそうなら、素晴らしいことです。

 

子供にとって家庭は安全地帯

 

安全地帯とは、素の自分で居られる場所

 

取り繕ったり

 

飾ったり

 

抑制したり

 

制限したりせず

 

そのままの自分で居られる場所

 

それを作り出せたら、家庭の役割はバッチリです。

 

 

私はピアノの先生という立場で

 

二人の息子にピアノを習わせました。

 

初めは、私が・・・

 

そして、ある時期に他のピアノの先生のところに。

 

多分普通のお母さんより

 

難しかったと思います。

 

何度、こじらせそうになったか?

 

いや、こじらせたかも?爆

 

御多分に洩れず、子供達はピアノをやめたい!と

 

3回は言いました!笑

 

 

実際、もうやめさせちゃっていいかな?と思ったことも!

 

でも、結果

 

上は高校1年まで

 

下は中学生まで続けることができました。

 

上はその後バンドとかで音楽を満喫

 

下は高校生でもう一度ピアノ習いたいとカムバックしたほど。

 

 

結局、辞めたいって気持ちは、習い事を続けて行く上では回避できないものです。

 

だって、楽しいことの方が多いけれど、

 

楽しいことばかりではないから。

 

このちょっと落ちた時に限って子供は

 

辞めたいっていうんです。

 

問題は、辞めるか辞めたいかではなく

 

辞めたいって気持ちを受け取れることだと思います。

 

『そっかやめたいんだね。』

 

どうしてそう思うか、気持ちを聞く

 

『そっか辛いんだね』

 

『そっか嫌なんだね』

 

『そっか大変なんだね』

 

で!

 

おしまい!

 

そう!

 

おしまい!です。

 

気持ちを聞くことが大事。

 

 

多くの親御さんはここで、

 

すぐに結論に行ってしまいます。

 

親は子供の安全地帯

 

子供が気持ちを吐く場所であればいいんです。

 

感情はゆっくり上がったり、落ちたりします。

 

特に浮上はゆっくりです。

 

ゆっくり待つ

 

すると・・・

 

やっぱピアノ続けようかな?

 

ってなるんです。

 

うちはこれで3回の危機を乗り越えました。笑

 

 

どうぞ、お子さんの安全地帯になってあげてください。

 

 

ホシナ音楽教室では

 

お母さん協力してお子さんの安全地帯になります

 

 

ただいま若干名生徒さんを

 

募集しています。

 

どうぞお気軽にお問い合わせください。

 

https://yhoshinapiano.wixsite.com/omepiano/blank-3

 

 

 

9月の記事のバックナンバー

https://www.omepiano.com/blog/date/2018-09

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

ソーシャルメディア
タグから検索