Please reload

最新記事

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

特集記事

子供の一時の感情にひっかからない方法

November 8, 2018

青梅市・羽村市・瑞穂町 ピアノ教室 保科陽子です。

 

人間というのは、感情的な生き物です。

 

そして、さらにお子さんっていうのは、もっと感情的です。

 

でも、それが子どもらしいというか・・・

 

子どもさんであまりに大人っぽすぎるのもかえって心配です。

 

 

すると以下のような問題が出てきます。

 

2歳〜3歳児によくあるイヤイヤ期

 

また、3〜4年生がギャングエイジって呼ばれる所以。

 

また中学になって入る思春期。

 

 

こういう年齢的なものから

 

その子ならではの感情

 

泣き虫ちゃん

 

ヒステリックちゃん

 

グズグズちゃん

 

おこりんぼちゃん

 

などなど。

 

 

なんども言いますが

 

お子さんの感情放出は普通なんです。

 

大人になるに従ってだんだんと感情をコントロールできたらいいわけです。

 

 

ようは、それに大人が変に放浪されない!!

 

これです。

 

イヤイヤ期だったら、

 

『そっか、そっか、イヤなのね』って共感し、何がイヤなのか言葉にしてあげる。

 

ギャングエイジは、インフルエンザみたいな一過性のものだから、

 

少し放っておいてあげる。タイミング見て、話を聞いてあげるといいですね。

 

目くじら立てないことが大事!

 

思春期は、第3者との連携を取るといいですね。

 

本人が素直になれる人物って出てくるんですよね。

 

親が一番距離が取れなかったりするので。

 

学校の先生

 

塾の先生

 

習い事の先生

 

親戚

 

祖父母

 

ピアノ教室でも、きっとこれ

 

親には言いづらいんだろうなってことを

 

ポツリポツリつぶやいてくれたりします。

 

もちろん、すぐに親御さんには言わないですが

 

気になることがわかったら

 

親御さんに最近○○ちゃんいかがですか?って聞いたりします。

 

意外と、ピアノ教室ってお子さんに近いんですよ。

ホシナ音楽教室では

 

ピアノレッスン=子育てだと思っています

 

 

 

体験レッスンを実施中

 

 

 

どうぞお気軽にお問い合わせください。

ホシナ音楽教室では

 

お子様の成績も気にしながらレッスンしています!

 

成績向上に何かしらピアノが役に立ったら・・・

 

 

 

体験レッスンを実施中

 

 

 

どうぞお気軽にお問い合わせください。

https://yhoshinapiano.wixsite.com/omepiano/blank-3

 

 

 

 

9月の記事のバックナンバー

https://www.omepiano.com/blog/date/2018-09

 

 

 

 

 

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

ソーシャルメディア
タグから検索